転職先の選び方

転職先の選び方

転職活動で最初にすべきこと

転職を考える時、転職先はとても重要ですよね。転職を決心したということは、転職先で同じ轍を踏まないように「今より良い●●」を求めている方が多くいます。 そうはいっても、転職先候補となる企業を絞り込まなくてはならないことも事実です。今回は、転職先を選び際に参考となる考え方を記事にしていきます。

転職先を考える

まずは、転職活動先の詳細条件を探す前に、ご自身で条件面で優先度を設定しましょう。ここで自身の優先度が明確になることで、転職活動がスムーズに進められます。 それでは、その優先度を決める時の基本的な基準についてご紹介していきます。

転職先に求める条件
【1】仕事のやりがい
やりがいは言い換えれば、モチベーションをいつでも維持できることです。仕事の中でモチベーションを高く保てる方は、もちろん充実した業務時間をすごせますし、そのような方ほど仕事で成果が上がり易いです。
【2】給与や年収といった待遇面
転職によって、現在よりもアップさせたい方も多くいらっしゃるかと思います。転職活動では役職者の求人も多くあり、確かに年収アップが狙える機会でもあります。しかしながら、相応の実績や経験、技術が求められます。
【3】勤務地
仕事内容や年収以外にも勤務地を重要視される方も多くいます。転職先によっては、勤務先が通勤できない場所で採用時に転居が必要な場合もありますから、転職活動前に必ずご自身で判断基準を設ける必要があります。
【4】会社環境
転職先の候補先企業の環境は、事前に知りたい情報の1つですよね。実際のところは、入社してみないと分からない点も多くあると思いますが、会社の規模や社員の年齢層など事前の予備知識はあったほうが良いと思います。

少なくとも、ここで紹介した【1】~【4】の4つの基準については転職先の詳細情報を調べる前に、自身で決めておいた方が良いと考えます。自身の判断基準がないままに、何十社、何百社の求人情報詳細を調べる方がいます。現代社会では大手各社も中途採用求人が多くあり、企業調査から自分に合ったものを探すことは、偶然性が高い上、自身の実績や経験、技術力を活かした転職活動ではなく、ただただ条件の良い会社選びとなる恐れがあります。もちろん、充分な実績・経験があってどの企業からもお声がかかるような方でしたら問題ありませんが。 転職活動を成功させるためにも、上記【1】~【4】の基準は先に行うことを強く推奨します。

転職活動では貴方も選ばれる側である

ここからは、貴方の転職活動ですが見方を企業視点に変えて考えてみましょう。 【1】~【4】の転職先条件でいくつか企業が絞れたら、その中でさらに優先度を決めて実際に履歴書・職務経歴書などを作成して各社へ応募していきます。この「応募」した時点で、貴方は選ぶ側から選ばれる側となります。 中途採用を行っている企業には、それぞれの採用目的が必ずあり、新卒採用と比較したら即戦力を期待されることが当然ながら多くあります。そこで、これまでの経験や実績、技術力などを総合的に判断され、面接に進むわけです。面接まで進むことができたら、中途採用基準を満たしていると判断されたわけです。

さいごに

これまで多くの転職活動を支援してきた経験から、今回の記事を書こうと思いました。転職活動を決断はしたが、応募企業がなかなか決まらなしケースの多くが、まずは自己分析ができておらず、多くの求人情報の内容を見て選ぶ方に集中してしまった時です。 このような場合は相談相手として、エージェントを活用することが有効だと私は考えています。パチ・エージェントでは、これまで多くの就職・転職を成功させてきた実績がございます。お一人で時間をかけて考えるよりも、きっとご判断が早く、その結果、ご満足いただける転職を実現できると考えます。
お気軽にパチ・エージェント内にある【無料】転職相談へお申込みください。