就職活動で必須となる応募書類

求人企業に最初に提出すべき書類が「履歴書」です。企業の採用担当者は、この履歴書の内容からあなたを選考するか否かの判断を行います。

履歴書は字の上手い下手に関わらず、丁寧に気持ちを込め、手書きで作成することで、その企業に対する意欲を伝えることができます。
就職活動で必須となる「履歴書」、ここでは、履歴書の書き方をご紹介いたします。

履歴書の選び方履歴書の選び方一言に履歴書といっても、学生を対象としたもの、社会人を対象としたもの等、さまざまな形式がございます。あなたが自身を表現しやすいものをお選びください。

パチ・エージェントでは自己PRや志望動機などを記述できる欄の大きな履歴書をおすすめします。

あなた自身の想いや魅力を、求人企業の採用担当者にしっかりと伝えきることが履歴書の大事な役割と考えているからです。

履歴書の書き方(基本情報欄)履歴書は公的な書類の役割があり、基本情報として必ず記載しなければならない項目があります。
ここでは、基本情報欄の書き方についてご説明いたします。

<基本情報>履歴書の書き方(基本情報欄)
・作成日
・氏名
・性別
・生年月日
・写真
・住所
・連絡先(電話番号・メールアドレス)
・学歴、職歴、賞罰
・免許、資格等

これらの情報は応募企業を問わず、記載が必要です。特に、学歴、職歴、資格・免許の取得等の年月は変わる事がない事実として正確に記載してください。

履歴書の書き方(自由記述欄)履歴書の書き方(自由記述欄)履歴書には企業に伝えたいことを記載する自由記述欄が設けられています。

自己PR欄、志望動機欄、本人希望欄などが、自由記述欄にあたります。

基本情報欄は、事実を正確に記入することで作成できますが、自由記述欄となるとすぐには書けない方も多くいらっしゃることと思います。

しかしながら、この自由記述こそが、応募者の人柄が見え隠れする重要な項目となっています。

これまでのご経験や実績などを企業の採用担当者に向けて最大限にアピールするために、よく考えて作成してください。

そのためには、行動を起こした事実や、実績、成果など、具体的なエピソードを相手に分かり易く伝えることを意識して作成してください。

履歴書の書き方(項目別の注意点)◆ 作成日
提出日を記入します。面接当日に持参する場合は面接日を記入しましょう。

◆ 写真
履歴書の写真はスーツを着用した写真を使用してください。好印象を与えられるよう、表情や身だしなみに注意してください。

◆ メールアドレス
PCアドレスからのメールが受信できるアドレスを記載してください。アドレスにハイフン(-)やアンダーバー(_)などの、間違い易い記号を使用している場合は、特に丁寧に記入するよう心掛けましょう。

◆ 住所
アパートやマンションの場合は、建物名も省略せずに記載しましょう。

◆ 学歴欄
学校名は正式名称を記載してください。大学や専門学校は学部や学科まで記入し、入学、卒業は正式な年月を記入してください。

◆ 職歴欄
株式会社を(株)などと略さずに、正確に明記しましょう。ここでは、業務内容や経験が書ききれませんので、その情報やアピールは別途【職務経歴書】で表現してください。

◆ 資格・免許欄
普通自動車免許などの一般的な資格の他に、民間資格でも応募先の企業にアピールできるものは明記しましょう。例えば、応募職種で活かせるようなスキルに関する認定資格や検定等級は記入してください。

◆ 自己PR欄
自己PR欄に記入した内容が面接時、話題とされることが多々あります。抽象的な内容よりも、自身の実績など経験に基づいた具体的な内容が好ましいです。

◆ 志望動機
なぜ、その企業に応募したのかを求人企業に伝えてください。応募する企業に対する思いや、職種に関しての思いを自分の言葉で表現してください。

◆ 本人希望記入欄
求人企業は複数の職種で求人を出していることが多くあります。ここには希望職種や条件面等、希望する内容を明記してください。特に希望が無い場合は、「貴社規定に従います。」と記入します。

お電話でのお問合せ03-5428-6335

(受付時間10:00~19:00)担当:高原