転職エージェントから見た転職成功事例2(未経験から遊技機メーカーの開発職に)

転職エージェントから見た転職成功事例2(未経験から遊技機メーカーの開発職に)

転職エージェントから見た未経験者の転職成功事例

パチ・エージェントで転職エージェントをしている高原です。
「転職エージェントから見た転職成功事例2」と題し、今回も未経験者のパチンコメーカー(パチスロメーカー)への転職成功談を書かせていただきます。
前回の【転職エージェントから見た転職成功事例1(未経験から大手遊技機メーカーへ)】と同様、該当職の実務経験がない未経験者でありながら、どうしてメーカー開発職への転職が成功したのかをエージェントの視点から考察します。

未経験から大手遊技機メーカーの開発職への転職成功談

今回の転職成功事例は、遊技機メーカーの品質管理に転職した若者のお話しです。 年齢は20代前半で、高校卒業後に地元のガソリンスタンドで正社員として勤務を数数か月経験し、パチンコホールのアルバイトを経てG&Eビジネススクールに入学してきました。彼が在籍していたコースはパチンコ業界のことを総合的に学べるコースで、彼自身はパチンコ・パチスロの開発に興味をもちましたが、各開発職に必要な知識と技術を幅広く学びながらも、職業を絞り込むことができずにいました。卒業間近になって、ようやくパチンコ・パチスロの映像制作に強い関心を示しオーサリングの仕事を希望しましたが、技術が不足している状況でした。
そこで私は、新卒者としての就職活動ではなく、彼の強みを活かして中途採用としての就職活動を提案しました。実はパチ・エージェントの求人に彼の良さが活かせそうな職種の求人があったのです。
その求人が「品質管理(デバッグ)」の職業でした。遊技機の開発工程において、品質管理・品質保証は全ての機種に必要な大事な開発工程です。デバッグ作業そのものでしたら、正社員でなく外注やアルバイト社員で行うことも珍しくはありませんが、今回は正社員としての品質管理職となります。そこに、彼の強みが活きてくると考えたのです。

エージェントから見た転職成功要因

この遊技機メーカーの品質管理職への求人に、私は複数名の登録者を紹介しました。品質管理(デバッグ)の経験者が大半を占める中で、彼は未経験者の一人でした。もちろん、経験者であることは採用する側からはプラスに働き、未経験であることはプラスには働かないと思います。しかし、結果的に彼は未経験でも遊技機メーカーの正社員として採用されました。
このような結果となった要因は大きく4つ考えられます。「(1)コミュニケーション能力が高いこと。(2)愛嬌と礼節を身に付けていること。(3)パチンコ・パチスロ開発工程の知識と品質管理業務の役割を理解していたこと。(4)パチンコ業界で働くことへの情熱と高い志しがあること。」の4つがその要因にあたり、その上で20代前半であったことが良い結果となったと思っています。仮に(1)~(4)を兼ねそろえた30代未経験者の方であれば、同じ結果となったとは思いません。
つまり、今回は「若さ」と「人物面」が採用の決め手となったのだと思います。ただし、この求人に応募を決めた後の彼の集中力と現時点でできることを積み重ねた行動力と、できないこと、知らなかったことを理解しようとする取り組みをエージェントとして間近で見てみると、入社後、活躍する姿をイメージすることは難しくはありませんでした。
前回の特許部門で未経験で採用された方との共通点は、知らなかった業務内容を理解すると同時にその職業に対して採用された時の自分の役割抱きつつ、選考に挑んだことが挙げられます。エージェント業を行っていると、よく、入社してから仕事を理解してできる(=入社後に覚えてできる自信がある)ようにしていこうと考える方が多くいます。新卒採用の場合は、この考えでも採用されることもありますが、中途採用となりますと採用企業側として少しでも即戦力に近い条件の方を採用したいと考えるはずです。その意味では、入社後に自分がまかせられる業務の内容や役割を把握することは重要なことだと思います。ここを疎かにしてしまうと、入社後にギャップが生じ、直ぐに辞めてしまうことにもなりかねません。このようなことになると企業・求職者双方にとって良いこととは言えませんので、私はエージェントとして意識的に大事にしているポイントとし、転職相談の時に必ずお話しするようにしています。

もしも新卒採用活動を続けていたら・・・

もしも、今回の求職者にこの求人を案内できていなかったら・・・。おそらくは、まだオーサリング職の正社員にはなれていないかもしれませんが、アルバイトで遊技機の映像制作に携われていたと思います。なぜなら、彼はまだ若い上に先ほど述べた通り、仕事で通用する人間性と高い志しをもっているからです。
現状、彼との連絡はとっていませんが、聞いた話によると生き生きと仕事に取組み、休日も充実しているようです。仕事もプライベートも充実しているようだったので、エージェントとして嬉しい限りです。

未経験者から遊技機メーカーの開発職への転職のまとめ

今回は成功事例として、若い未経験者が遊技機メーカーの開発職で採用された事例を述べてきました。しかしながら、エージェント視点では、成功談と失敗談が混在している事例であったともいえます。
私は、複数名の登録者をエージェントとして品質管理の求人企業様にご紹介しています。前述の通り、中には品質管理の経験がある方も同時にご紹介し、実際に何名かは面接選考に進めているのです。未経験者が採用されたことは成功ですが、経験者が採用されなかったことは失敗として受け取ることができます。
この部分を考慮して、下記に当事例のまとめを記載致します。経験者の方も、未経験者の方も参考にしてください。
まとめ
遊技機開発は多くの開発工程があり、その工程に携わる職種もあれば、全工程に携わる職種があるということ。経験者の方は、この工程全体を経験からある程度は理解することができるが、未経験者は知らないことが多いのです。
今回の成功事例のように、若い方でしたら人物面・志しがあれば選考の機会を得られる遊技機開発の求人があります。もちろん、業務理解を行った上で不足しているものは補う必要はありますが、諦めなくて良いということです。高い志しをもった方とお会いできることを楽しみにしております。

さいごに

パチンコメーカーとパチスロメーカーの開発職は、弊社が取り扱う求人の大多数を占めているとともに、とても人気が高い職業です。なりたい気持ちを形にするためには、就職・転職活動は避けては通れません。
パチンコ業界への転職をお考えの方は、お気軽にパチ・エージェント内にある【無料】転職相談へお申込みください。ご希望とご経験をお聞かせいただければ、転職エージェントとしてアドバイス致します。